アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

旅行あるある★心理テスト

皆さんこんにちは!


今回は私的旅行あるある」を詰め込んだ「旅行あるある★心理テスト」をお送りします〈「私的」とか言っている時点で、この心理テストの信憑性は皆無〉!!


「心理テスト要素なんか、まったく求めていないよー」という方、「ペラッペラな内容が大好物だよー」という方〈そもそも、果たしてそんな方が「心理テスト」と題した文章を読むのだろうか……〉のみ、お読みください❤︎


それではレッツ診断❤︎❤︎


【質問】

デートも終わりに近づいたころ、大切な恋人があなたに花束をプレゼントしてくれました。
それはどんな種類の花だったでしょうか?


① 豪華な赤い薔薇
② 可憐な白薔薇
③ 大輪のユリ
④ 清楚なコスモス
⑤ 控えめなかすみ草
⑥ 華やかなヒマワリ
⑦ 可愛いチューリップ
⑧ 神秘的なガーベラ


それでは結果発表〈カンペキ嘘っぱち〉!!!
⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎


【①を選んだアナタ】

遠足、社会見学、修学旅行。


前々から楽しみにしていた「ここぞ」というイベント時に限って、なぜか毎回体調を崩してしまう……そんなアナタ!



楽しそうに出かける仲間を横目に、自宅やホテルへの引きこもりを余儀なくされれば、誰だってやさぐれてしまうことでしょう。
気持ちは痛いほど分かります。


けれど、必要以上に外出を恐れてしまっては「出不精」、ひいては「デブ症〈引きこもり癖が招いた悲劇〉になってしまいかねません。


懲りずに次回の旅行計画に着手しましょう❤︎❤︎


【②を選んだアナタ】

旅先で足が痛くなるのを恐れ、コーディネートにハイヒールをとりいれることを諦めたアナタ!


急遽スニーカーやムートンブーツを選んだものの、普段ハイヒールを愛用しているせいでぺたんこ靴に合う服の持ち合わせがなく、なんともチグハグな旅ファッションが出来上がってしまうでしょう。



足元のせいでフォーマル感台無し……
かといってカジュアルスタイルにもなりきれず……


また、確かにハイヒール着用時に起こりがちな足先の痛みは解消されたものの、そのかわりとでも言うかのように太ももや股関節を襲う激痛に悩まされるでしょう。


ハイヒールは「足」が痛くなる。
ぺたんこ靴は「脚」が痛くなる。

……というジレンマ。


使う筋肉が違うのかな。
まぁハイヒールも「脚」痛くなるときあるけど。


結局どこかは痛くなる運命にあるいうことか。
それとも、私の歩き方が悪いのか。


そんな苦悩はとりあえず置いといて、次回はクロックスに挑戦してみるのが吉★


【③を選んだアナタ】

「旅の間は、とりあえずダイエットなんて忘れよう」
「普段食べられないものを食べるのも、旅行の醍醐味だし」


観光メインの中にちょっとした食のスパイスを加えるつもりが、知らず知らずのうちにタガが外れて食べ物メインの食倒れ旅になってしまいがちなアナタ!



神社仏閣の閉館時間よりもカフェのラストオーダー時間を意識しながら行動している自分に気付いたら、いっそのこと開き直って「旅行中に体重3キロアップ」という新たな目標を定め、その達成のために努力しましょう!!


「自分探しの旅」という言葉があるように、旅とは人間を一回り大きくさせるものです。


精神的に成長すれば体も同様に成長するのが自然の摂理というもの。
増えた3キロ分は、思い出や経験の重みだと割り切りましょう。


【④を選んだアナタ】

「旅行なら終電時間を気にせず目一杯楽しめる! 」
「豪華なホテルを堪能しながら深夜まで起きていよう! 」


そう心に決めるものの、結局毎回いつになく早寝をしてしまうアナタ!



普段、家でダラダラしているときなどは逆にいつの間にか夜更かししてしまっているというのに、一体なぜ……?


……疲れのせい?
イヤイヤ、激務をこなして帰宅した夜の方が、よっぽど疲れているはずなのに。


せっかくの非日常空間であるにも関わらず、なんだか色々もったいないことをしてしまった感を拭い去ることは出来ませんが……それもまた人生。


人生とは、無駄の連続なのです。


【⑤を選んだアナタ】

旅とは、時として人間の本性を暴いてしまうものです。


スケジュールが思い通りにならずにイライラしたり、疲れから同行者に対して邪険な態度をとってしまったり……


どちらかというと悪い意味で、相手の「ウラの顔」を目撃してしまいがちなアナタ。


ですから、旅行は「すでに何もかも知り尽くした大親友」や「付き合いの長い恋人」「普段から生活を共にしている配偶者」などと行くに限ります。



次点は家族。
遠慮がない分喧嘩になりやすいというデメリットもありますが、なんだかんだ関係の修復も早いでしょう。


付き合いの浅い友達、恋人は非常に危険です。
アナタがよっぽど社交的であったり、人付き合いが大好きでない限り、手を出さないよう心がけた方が無難でしょう。


まぁアレです。
気がラクなのは一人旅ってことです。
基本単独行動。Yeah!


【⑥を選んだアナタ】

「思い出をカタチにする」のが得意なアナタ。
旅行のたび、写真を撮るのに必死になっていることでしょう。


しかし後になって冷静に思い返すと、景色を眺めていたのか、はたまたスマホ画面を眺めていたのか、自分でもよく分からなくなってしまいます。



せっかく貴重な出来事が、目の前で繰り広げられているというのに……


結局ほとんど肉眼で見ることのなかった事実に後悔はありませんか?


で、肝心の写真の出来上がりもイマイチで、ガッカリ感は増すばかりです。


特に「エレクトリカルパレードbyデ◯ズニー」などで起こりがち。


是非とも気をつけたいところです。


【⑦を選んだアナタ】

普段、ルーティーンを大切にしながら生活しているアナタ。


しかしルーティナー〈ルーティーンを大切にしている人=ルーティナー。今勝手に作った〉とは、得てしてイレギュラーに弱いもの。


いつもと違った状況に戸惑い、思わぬ失敗を繰り返してしまうことも多そう。


例えば、化粧の加減。


普段自然光や蛍光灯の下でメイクをしている人にとって、ぼんやりとした暖色系の照明〈@ビジネスホテル〉でのメイクは至難の技です。


また、蛍光灯を求めてユニットバスの落ち着かない洗面所を使った結果、普段のテクニックを存分に発揮することができない場合もあるでしょう〈例 : 眉メイク、アイシャドウの絶妙なグラデーションなど〉


メイク完成時には「完璧★ 」と思っていたはずが、外の鏡を見て「げっ! なんじゃこりゃー!! 」……といった経験も少なくないのでは?



ホテル備え付けのシャンプーを使って髪もゴワゴワ。
さらに海外だと、水が合わずに肌もゴワゴワ……


という事態も。


もういい歳です。
そろそろ学んで、愛用しているシャンプーを持参するようにしましょう。


【⑧を選んだアナタ】

のんびり屋のアナタ。



「あまり早く買いすぎると荷物になるから」と思い、お土産を買うタイミングをついつい後回しにしがち。


結局毎回、帰る直前に慌ててお土産を選ぶ羽目になっていませんか?


時間がないせいで、品物選びもついつい雑に……


調子に乗って、事前に「お土産何がいい? 」とか何とか友人に聞いて回った自分を呪います。


1人1人の希望にあったモノを選ぶ余裕など、到底あるはずもない……といった事態に陥りがちでしょう。


─────────────────────────


ちなみに冒頭でも述べましたが①〜⑧、すべて私のことであります!


「全然あるあるじゃねーわ」とお怒りの方、誠に申し訳ございませんでした……


にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


絵日記 ブログランキングへ