アラサー不美人の哀れな美容事情

残念なアラサーの、残念な美容体験談。

高所恐怖症、狭所恐怖症、そして…


「高い」
「狭い」
「速い」


上記は、新三大「私の恐怖の対象」であります。
★スペシャルサンクス『マツコ&有吉の怒り新党』★


イヤ、「新」ではなく、昔からです。
生まれてこのかたずっとです。


高所恐怖症……
狭所恐怖症……
あと「速い」の恐怖症……


一番ムリなのは「高所」、
次点で「狭所」です。


絶叫マシーンは論外で、鬼門は観覧車。


この鬼門の恐ろしさといったらもう……乗って2秒後に大後悔します。
その後に待っているのは、地獄の15分間……


なのになのに、どこかに出かけて観覧車を見かけると、懲りることなく嬉々として列に並んでしまう……


思いがけず観覧車を見つけた際の「その場のノリ」パワーはとどまるところを知りません。


あ〜あ〜……
観覧車の乗車券って結構高いのに……


その時はテンションが上がっているせいか何とも思わないのですが……


後から冷静に考えると「えぇっっ!? たった15分のために大人1人600円!? 」と毎回驚きます。


だって、850円稼ぐために、約1時間の労働を要するんですよ!?!?!?


にもかかわらず、贅沢にも15分で600円消費するだなんて!!!


もし仮に楽しめるのであれば、まったく問題ないお値段ですが……
後悔するためにワンコイン以上支払う私って、一体何がしたいんでしょうね。


でもきっとこの先も、私は「その場のノリ」で観覧車に乗り、後悔し続けることでしょう……


────────────────────────


ただ、「高所」も「狭所」も、自ら進んで求めない限り、私の生活パターンで遭遇することは稀ですが……


厄介なのが、「『速い』恐怖症」なんです。


私にとって、「飛行機」「電車」「バス」はもちろん、一番身近な「乗用車」さえも結構恐ろしいモノわけで……


……この厄介な「速い」恐怖症。


たまに、普通の乗用車で、しかももちろん法定速度を遵守しているにもかかわらず、めちゃめちゃ怖くなることがあるんです。


普段は大丈夫なんです。
普通にドライブを楽しめるんです。


でも、なぜか急にスイッチが入るんですよね……


頻度としては3ヶ月に1回くらいでしょうか。
きっかけは謎です。


そうなったら最後、ものすごく怖いんです。
「ドライブ行きたい」と夫にねだった10分前の自分を全力で殴りたくなるんです。


でも、今更「やっぱ帰りたい」なんて口が裂けても言えませんから、ひたすら耐える、耐える、耐えるのみ。


なんて表現すればいいのか……
なんか、腰が「フゥ〜ワッ」ってなる気持ち悪さなんです。
「ジェットコースターで急降下するときのあの感じ」がずっと続いているような……


で、


どうして私、座ったまま、こんな驚異的なスピードで動いてるんだろう……?


なぜにこんな重たい機械の塊が……?


などという「何時代の人? 」的思考に始まり、



「運転手の手元が一瞬でも狂ったら、命が危ないのかも」


「隣で車を運転している、この人のサジ加減次第では……」


「今、私の運命は彼or彼女の手中に……」


などと、最終的にドライバーの腕、さらには人格まで疑い始めてしまうんです。



「生まれ持った極度のビビり屋気質」という究極の危機管理能力を持ち合わせた私。


きっと一生、ペーパードライバーに甘んじることでしょう。


むしろあなた(私のことです)に限っては、是非ともペーパードライバーのままでいてください。
この国の道路交通事情に平和をもたらすために。


にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村


女子力アップランキングへ